光脱毛でやけど事件

2001年11月に厚生労働省が、「強力な光線を毛根部分にあて、毛乳頭などを破壊する行為には医師免許が必要」との見解を示しています。 今回、大阪府で起きた光脱毛事件は、無資格のスタッフが施術を行なったことにより、光脱毛で毛乳頭の細胞が破壊(=脱毛)されたと判断した。 つまり、医師免許のないスタッフが施術を行うことは、例え光脱毛であっても法律で禁止されています。

詳しくはこちら

エステ脱毛事件

エステの脱毛による事件として、最も考えられるのがやけどです。
上にも挙げたように、そもそも脱毛するには医師免許が必要ですし、いくら 弱いレーザーの出力で照射していると言っても一歩間違えれば、やけどにつながります。
他にも色素沈着、つまりシミが出来てしまったというものがあります。シミは、毛包炎を発症したものであり、適切な対処のされないままに、皮膚科を受診することになってしまったと言うことがあるのです。

>> もっと詳しく

使用できる脱毛機器の違い

エステの脱毛では、クリニックでの医療脱毛とは異なり、使用できる機器の性能が異なります。公的機関の認可を受けているか、冷却装置の搭載をしているかなどについては、信頼性が乏しくリスクの発生も考えられます。
医療脱毛であれば、クリニックに医師も看護師も常駐していますので、万が一のトラブルへの対応も、迅速で的確に行えます。医学的見地からの医療脱毛を行えるクリニックで、リスク軽減をした施術を受けた方がトラブルにはならないでしょう。

>> もっと詳しく

エステ脱毛と医療脱毛の比較

脱毛の痛みの軽減、アフターケアの充実に関して、エステ脱毛と医療脱毛には大きな違いがあります。エステでは、麻酔の使用も出来ず、アフターケアもアイシング程度でしょう。これでは炎症を抑えることも火傷の防止にも十分ではないのです。これらの医療脱毛をクリニックでしたときのケアを、エステでは受けられません。コストを掛けて脱毛をしても、肌トラブルの後が残るような仕上がりでは、脱毛をした意味がないです。
医療脱毛ブログはこちら

エステ脱毛事件

エステ脱毛では、麻酔の使用や炎症剤の処方をすることは出来ません。
医療従事者としての資格を持っていないからです。
一方、医療脱毛に関しては、これら全てのケアを医療行為として行い、
脱毛の施術をしていきますので異なっているものなのです。

アイシングでは炎症を抑えることも、
やけどの防止にもなりません。

脱毛の効果が見えないと言って、
無理に出力を上げてしまうのはやけどのもとです。

シミは毛包炎を発症したものであり、
皮膚科を受診しなければならないケースもあります。